太陽光発電のメリットやデメリットは?

太陽光発電は太陽の光エネルギーを太陽電池に取り込み電力へ変換する発電装置です。
再生可能エネルギーですから環境に優しく、一般家庭に広く普及しています。
一般家庭に普及しているということはそれだけメリットがあるということですが同時にデメリットも存在します。
では太陽光発電には具体的にどんなメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。

太陽光発電の最大のメリットとも言えるのが自宅で電気を作ることでしょう。
今まで自宅で電気を使うには電力会社から買うしか手段がありませんでしたが、太陽光発電によって自宅で電気を作ることが出来るようになりました。
電力需要のある時間帯の電力削減にも効果がありエコにも貢献しています。
しかも余った電力は電力会社に売ることが出来、収益を得ることも出来るんですから嬉しい限りですよね。
他には環境汚染の原因である二酸化炭素を排出しない、停電時など万が一の時でも電気が使える、面倒なメンテナンスが殆どいらないといったメリットも有ります。

では逆にどんなデメリットが有るのでしょうか?
太陽光発電の最大のデメリットとも言えるのが導入費用です。
補助金をもらうことが可能ですがそれでも導入にかかる費用は高額で一般的には数百万円からとなります。
太陽光発電は太陽の光エネルギーを電気へと返還しますので、太陽が出ていない時は当然発電することが出来ません。
発電できる時間帯は限られますし何よりも天候に大きく左右されるというデメリットも有ります。分譲太陽光発電について