原子力発電のメリットやデメリットは?

原子力発電にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

まずメリットとしては低コストで発電できることです。
原子力発電は大量の電力を生み出せるため発電量あたりのコストが安価で済みます。
しかも一度燃料を補充すると約1年は交換する必要がありません。
火力発電には二酸化炭素の排出という大きなデメリットが有りますが原子力発電にはそれがありません。
環境汚染の原因でもある二酸化炭素だけでなく窒素酸化物や硫黄酸化物など大気汚染の原因となる有害な物質も排出しないクリーンな発電方法と言えます。
原子力発電にはもう1つ大きなメリットが有ります。
それは燃料の供給が安定していることです。
原子力発電はウランを燃料としており、これを供給している国々は非常に政情が安定している国ばかりで急激な価格変動のリスクが極めて少ないです。
流通ルートと価格はセカ的に見ても確立されているので安定性はかなりのものといえます。

では逆にどんなデメリットが有るのでしょうか?
様々なメリットがあげられる原子力発電ですが、正直デメリットがそれに見合っているかが問題といえます。
原子力発電最大のデメリットとも言えるのが事故が起きた際、周辺地域に多大な被害を与える恐れがあるということです。
一度事故が起きれば首位に大量の放射線を撒き散らすこととなります。
放射線が外へ漏れてしまうと発電所に近づくことが困難となり修復することが極めて難しくなります。http://xn--w8j6cq18irfclxk6cr2oi94fih6ccbb.jp/

太陽光発電のメリットやデメリットは?

太陽光発電は太陽の光エネルギーを太陽電池に取り込み電力へ変換する発電装置です。
再生可能エネルギーですから環境に優しく、一般家庭に広く普及しています。
一般家庭に普及しているということはそれだけメリットがあるということですが同時にデメリットも存在します。
では太陽光発電には具体的にどんなメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。

太陽光発電の最大のメリットとも言えるのが自宅で電気を作ることでしょう。
今まで自宅で電気を使うには電力会社から買うしか手段がありませんでしたが、太陽光発電によって自宅で電気を作ることが出来るようになりました。
電力需要のある時間帯の電力削減にも効果がありエコにも貢献しています。
しかも余った電力は電力会社に売ることが出来、収益を得ることも出来るんですから嬉しい限りですよね。
他には環境汚染の原因である二酸化炭素を排出しない、停電時など万が一の時でも電気が使える、面倒なメンテナンスが殆どいらないといったメリットも有ります。

では逆にどんなデメリットが有るのでしょうか?
太陽光発電の最大のデメリットとも言えるのが導入費用です。
補助金をもらうことが可能ですがそれでも導入にかかる費用は高額で一般的には数百万円からとなります。
太陽光発電は太陽の光エネルギーを電気へと返還しますので、太陽が出ていない時は当然発電することが出来ません。
発電できる時間帯は限られますし何よりも天候に大きく左右されるというデメリットも有ります。分譲太陽光発電について